成績アップ率100%達成の理由

つくば市学園の森アットホームな少人数制個別指導塾
つくば学習塾ジュエルプライドの柏倉です。

 

 

★一般の塾の2~5倍の時間勉強できる塾


ジュエルプライドの塾生たちは、
平日に勉強を2~3時間こなして帰ります。
 

中学生は朝練もあり、部活の後に

塾でそれだけの時間勉強します。

テスト前などは、朝8:00~夕方6:00まで、
休憩時間を除き、約8時間の勉強をしに来ます。

 

一般の塾の2~5倍の時間、

塾で勉強している計算になります。

 

塾というのは、しんどいイメージがありますが、

通い放題コースの生徒たちは、

毎日勉強する必要性を分かっていますし、

 

ジュエルプライドでは

モチベーションを上がる工夫をしているので

むしろ楽しみに通っている子も多いです。
 

その結果、今通っている・今まで通っていた生徒の
95.8%の成績が上がっています。

(2017年度は100%達成)

 

★成績を上げるために必要な毎日の勉強時間は?


「勉強しているのに成績が上がりません、

成績を上げるために必要な毎日の勉強時間はどのくらいでしょうか?」

成績が上がらないということは、

勉強のやり方に問題があることもありますが、

大抵は勉強量が圧倒的に足りていないのが原因です。


言い方を変えると、正しい勉強方法で、適切な時間勉強をすれば、

あっという間に成績は上がるということです。

 

以下に成績を上げるための勉強時間の基準を書いていきます。

 

<平日>


中学1年生 2時間

中学2年生 3時間
中学3年生 部活引退前 3時間
       部活引退後 5時間
 

<休日>

中学1・2年生 5時間

中学3年生 8~10時間

<テスト前>
部活が休みになるので、
全学年 平日は5時間、
    土日祝は8~10時間

勉強しているのに成績が上がらないと言っている方は、

まずはこのくらいの勉強時間を確保しているかご確認ください。
 

勉強時間が毎日1時間程度でしたら、

成績維持レベルの時間数だと思ってください。

 

勉強時間を確保していて上がらないのでしたら、

勉強方法に問題がある可能性が高いです。

 

★毎日1時間の勉強で成績キープ

 

次になぜこのくらいの時間数が必要なのか、

例え話をしながら説明していきます。

まず中学1,2年時は部活との両立が必要です。

部活で疲れているからと、勉強していないと確実に成績は下がります。

下りエスカレータに乗っている状態をイメージしてみてください。

毎日1時間の勉強するということは、

下りエスカレータを上に向かって歩いている状態です。

 

位置はほとんど変わりませんから、成績で言うとキープしている状態です。

成績を上げるには、毎日2~3時間の勉強をして

下りエスカレータを上に向かって逆走しないといけません。

成績10~20位を維持している子は部活と両立しながら、

下りエスカレータを上に向かって日々逆走しています。

 

学年5位以内に入るような子は、

中学1年生のころからゲームやスマホ等の誘惑に負けず、

上記した【受験生レべル】の勉強時間を毎日こなしています。

 

★受験生は毎日3時間以上で成績キープ

 

部活を引退した中学3年生はマラソンのイメージです。

合格を勝ち取るために周囲も全力で勉強しますから、

毎日1、2時間の勉強では取り残されます。(成績は下がるか維持)
成績を上げるためには毎日3時間以上走らなければいけません。

 

受験の面で現実的な話をすると、

「勉強しないのであれば、実力相応か、それより下の学校に志望を下げるしかない」

ですし、

 

「実力以上の学校に本当に受かりたいのであれば、寝る時間以外必死で勉強する」

しかありません。

 

ジュエルプライドでは十分な勉強時間を確保できるよう

通い放題を実現しました。

 

★成績上位者の「全然勉強していない」は嘘です

 

はっきり申し上げますが、短時間しか勉強せずに成績が上がる裏ワザなど、

世の中に存在しません。
 

私は生徒が成績上位者をうらやましがっているときは、

成績上位者の「全然勉強していないは嘘なんだよ。」

という話を生徒にします。勉強せずに点数が取れるわけがありません。

ダイエットでもなんでもそうですが、結果を出している人に限って、

「全然努力をしてないよ」というものです。

 

その「努力をしていない」という言葉には、

 

・努力を語らない謙虚な心

・努力を努力と思っていない心

 

が隠れています。

結果を出せない人は、

「努力をしなくても結果が出せるのでは・・」

「努力をしないで結果が出せる方法はないか・・」

と思っている傾向が強い場合があります。

「○○だけダイエット」などが代表的です。

 

★結果を出しているあこがれの人に自分もなる!

「この人いいな~」※この人=あこがれの人

「この人みたいになれるかな」

「この人みたいになりたい」

「よし!自分もこの人のようになろう」

正しいやり方で、正しい努力をすれば勉強の場合、必ず結果が出ます。

 

結果を出すと、自信が生まれ、目標達成しやすい人間になります。

全員が成績アップし、理想の人間になれるよう、応援し続けたいと思います。