塾がスマホ・ゲーム依存を治します

つくば市学園の森アットホームな少人数制個別指導塾

つくば学習塾ジュエルプライドの柏倉です。

 

 

★ゲーム・スマホ依存の結果、志望校のランク下げや不合格に

 

勉強のやる気がないから、ゲーム・スマホ依存になってしまっている。

ゲーム・スマホ依存になってしまっているから、勉強のやる気がなくなる。

 

近年の成績不振の子は、どちらかがほとんどです。


ゲーム・スマホ依存の状態で中学3年生を迎えてしまうと

部活を引退してから勉強を頑張ったとしても、

成績を上げるのは、もはや手遅れとなってしまう場合があります。

 

志望校のランクを下げざるをえなくなったり、

入学できる学校の選択肢がなくなる可能性があるのです。

 


 

★スマホ・ゲーム制限できなければ、入塾はお断りすることもございます

ジュエルプライドでは、子どもがスマホ・ゲーム依存だった場合、
必ず依存から脱却する指導から始めます。

 

ゲーム・スマホ依存は脳細胞を破壊し続け、勉強しても知識が定着しなくなるので、

学校や塾での勉強が無駄になるからです。

 

本人に勉強を頑張る意志があってもゲーム・スマホを制限する気持ちがない場合は、

成績は上がりませんので、状況によっては入塾をお断りしなければならないこともございます。
 

 

★塾でのスマホ使用ルール
 

私が子どもの頃、柏倉家では、勉強やゲームに関しての細かいル―ルはなく、

自由にさせてもらっていました。

だからこそ、父からたまに叱られると、効果絶大でした。

 

中学時代、何時間やってもゲームのボスが倒せず、

怒って部屋の壁をけり、穴を空けたことがありました。

 

さすがにこのときは、父から、厳しく叱られました。

猛反省し、その後は生活やゲームにけじめがつけられるようになりました。

 

ジュエルプライドでも細かいルールはなく、禁止事項が1つだけです。

 

【他の生徒の勉強の邪魔になることをしないこと】です。

 

もし他の生徒の邪魔になることをしたら、厳しく注意をします。

そして、その子に何がいけなかったのかを考えさせ、全体にも考えさせます。

 

ここだけは徹底しているので、ダメなことはダメということで、

全ての生徒に浸透してきているようです。

 



★スマホの効果的な使い方も教えます


逆に、スマホの効果的な使い方を教える一助として、

語句の意味調べなどに、生徒と一緒に私のスマホやパソコンを使うことがあります。

その際には、便利な調べ方やSNSマナーなども一緒に教えます。

LINEで勉強報告をさせているのですが、

けじめをつけてSNSを使う練習にもなればという気持ちです。

 

また、塾で勉強した後のご褒美として、

スマホやゲームをやっていいというように指導しています(1時間以内)。

 

【最低限のルールのもと、自分である程度考えさせ、

 ルール違反をしたときだけは厳しく叱る】

 

塾として生徒を自立させるという軸があるので、

この指導法は上手く機能していると思っています。

 

 

★ルールを守れなかったときのペナルティは、期間限定完全禁止


家でどうしても依存から抜け出せない生徒はご家庭と話し合い、生徒が納得したうえで、

スマホやゲームを使用できなくしたり、私が預かる場合もあります。

そのルールを決める際は、一家の支柱であるお父さんにも

できるだけ同席していただけるようにお願いしています。

 

 

★数日離れれば、サラッと解決することも多いです
 

依存には、【たまたまそのゲームにハマったから】

という一時的な依存というものも存在します。

 

 誰にでも短期依存になる可能性はあります。


一方で、(私の教え子の小学生の体験ですが)

3DSが壊れて1週間できなくなったら、あれだけ毎日ハマっていたのに

「別になくてもいいや」と平然としてしまった子もいます。

 

依存と聞くと、どうしても大げさに考えがちですが、

強制的であっても、少しスマホやゲームから離せば、サラッと解決することも多いのです。

 

スマホと違い、ゲームにはクリアがあるので、

多少依存気味でも、時間が解決してくれる可能性もありますね。



 

 

★ゲームくらい勉強を楽しんでもらいたい

私も過去ゲーム依存気味だったのですが、この経験は、

【ゲームくらい勉強を楽しんでもらうにはどうすればいいだろう】

 と、学習指導法を考える貴重な実体験となっています。

 

ビリギャル著者の坪田先生も

【ゲームの成長感をいかに勉強に生かすかが大事】

とおっしゃっています。

毎日の指導にも、生徒に成長の実感を少しでも持ってもらえるよう

これからも指導を工夫していきたいと思います。

 

今日もブログをお読みいただきありがとうございました。