個別指導の先生がコロコロ交代する理由と防ぐ方法

つくば市学園の森アットホームな少人数制個別指導塾
つくば学習塾ジュエルプライドの柏倉です。


 

★個別指導の先生はコロコロ交代します

 

「個別指導の先生がコロコロ交代するんです」

 

といったお話しを、残念ながらよく耳にします。

こういったことが起こるときは、2つ理由があります。

 

1.その先生たちに熱意や責任感が足りない場合

2.その塾・家庭教師のシステムやトップの考え方に問題がある場合

 

あるいはそれらの両方の場合があります。

 

 

★すぐ休む先生に教わると、子どもの成績やモチベーションが上がらない

 

・ある日を境に突然来なくなる(無断欠席)

・担当の先生が欠席がちで、しょっちゅう代替の先生が来る

など

 

欠席の多い先生は、「子どもたちの成績を上げたい」という気力が

希薄になってしまっている場合が多いです。

 

特別な事情がない限り、自分のクラスの授業に穴をあけないのは、

プロとしての最低限の責任です。
スケジュール管理や健康管理も、大切な仕事の一部です。

 


★大手塾だから研修も先生もしっかりしている?
 

また、大手の塾だから研修もしっかりしていて、

すべての先生の質が高いか、というと、

これは必ずしもそうとは言い切れません。

 

むしろたくさん人員を抱えれば抱えるほど、

能力、もしくは熱意のない先生が混ざる確率が高くなります。

 

そして、その1人が欠勤したり辞めたり(辞めさせられたり)すると、

さらにその穴埋めを別の先生がする、といったことが起こります。

 

それが玉突き事故のように連鎖して、全体に大きく波及します。


大規模な塾ほど、そのような危険をはらんでいるといえます。



★交代は何の説明もなしに、突然行われる
 

もう一つ問題なのは、こういった先生の交代が、

何の説明もなしに、突然行われることが多いということです。

 

年度の途中でクラスの担当替えが起こるなど

塾の都合に振り回されてしまいます。

 

家庭教師業者も同様です。

 

実際に振り回される生徒や保護者には

事前にその理由を聞く権利があると思うのですが、
塾や家庭教師業者側からはなかなか教えてもらえません。

 

これも、塾や家庭教師業者の悪しき体質だと思います。

 

理想を言うと、本気で子どもの教育を考えた場合、
特別な理由がない限り年度の途中で

先生の担当クラスを代えてはいけないものです。
 

 【各教科について、力量のある先生が、
 1人で最低1年間教えきっていること】

が塾・家庭教師の選択の最低基準だと私は思います。

逆を言うと、

【先生が1年間も続かない塾】には、

行かせるべきではないと私は思っています。
 

 

★子どもの人生を左右するのに、先生はくじ引き!?

 

先生と初めて会った時や数回授業を受けた後に、

「こんな先生だとは思わなかった。お願いするのをやめよう。」

 とはシステム的にも、人間心理的にも簡単には出来ないものです。

 

交代を自由にさせてくれるとは言っても、

先生に関する情報が何も与えられていないのでは、全ては運任せ。

くじを引くようなものだと考えれば分かりやすいはずです。

 

比較もできませんから、

「もっといい先生がいるのでは・・・」
と心理的に思ってしまいます。

すると、子どもと相性のいい先生をちょっとした勘違いで交代させてしまう

という不運も起こるかもしれません。

 

子どもの人生を左右するかもしれない先生なのに、

運に任せるしかない。まさにくじ引きです。

 
塾・家庭教師教育業界の非常に大きな問題だと思っています。

 

 

買い物で商品の質が運任せ、

そして商品を見ていないのに、お金を先に払う

なんてことはありえませんよね。

 

先生は商品(料理)であると考えても、

分かりやすいかもしれません。


あなたが外食するとして、
せっかくお金を払って外食するのでしたら、


「自信をもって、この料理を提供しています!
 ぜひご賞味ください」
 

という店に行きたいと思いませんか?

 

 

★商品(先生)を見ていないのに、お金は先払い

 

塾や家庭教師では先生との相性が非常に重要になります。

 ところが、先生と初めて会うまで、

その人がどんな先生なのか全く分からないことがほとんどです。

 

だからこその体験授業なのかもしれませんが、

大手集団塾の場合、体験のときはエースの先生に任せ、

入塾後は大学生の先生に変わってしまうことも少なくありません。

 

するとまた振出しに戻ることになりますが、

体験が終わった後では、お金を払ってしまっており、

 

入塾を断ったり、先生を変更したりなどが、

簡単には出来ないシステムとなっています。

 

そういったミスマッチを防ぐために、

最近はネットで情報発信をする塾や家庭教師の先生も増えてきており、

 

先生の自己紹介、指導方法、意気込み、メッセージなどが

事前に分かるようになっています。


それを1つの判断材料にしていただけるといいと思いす。

 

今日もブログをお読みいただきありがとうございました。