家庭教師や塾講師の90%以上はアルバイト大学生

 

つくば市学園の森アットホームな少人数制個別指導塾
つくば学習塾ジュエルプライドの柏倉です。

 


★アルバイト大学生とプロの違い

あなたは「家庭教師」というと
どのようなイメージがありますか?

「大学生のアルバイト」というイメージを、

まず頭に浮かべる人が多いようです。


実際、家庭教師の90%はアルバイト大学生です。

ですから、「プロ家庭教師」という言葉を、
あまり聞きなれない方も多いかもしれません。

 

一般的にプロ家庭教師とは、大学を卒業した人が、

家庭教師を専業として働き、
生活している社会人講師のことです。

 

かかる費用は学生を雇うのに比べて高いのですが、

その費用対効果は雲泥の差です。

 

私の知っているプロ家庭教師は、
優秀な方ばかりです。


 

★個別指導塾は99%が大学生


塾講師も大手であっても、
アルバイト大学生が授業をしている塾が多いです。

個別指導塾は99%が大学生です。

集団塾であっても、中位、下位クラスは
大学生アルバイトの先生が多いので、

残念ながら成績を上げられる指導力は
期待できないのが現実です。


 

★大学生は大学生活や就職活動が優先になる

 

仕事(社会人)とアルバイト(大学生)の一番違うところは、
仕事内容以上に『責任感』にあると私は思っています。

教育業に対して1番大切な気持ちは、
プロ意識からくる、子どもに対しての
【責任感】ではないでしょうか。

 

もちろん、大学生の家庭教師の中にも、
熱心な人はたくさんいらっしゃいますし、

悪く言うつもりは全くありません。

 

ですが、現実問題としてほとんどの学生さんは
自分の大学生活や就職活動が優先になります。

現場で何人も大学生を見てきましたが、
卒業後に教育業に従事するわけではなく、
 

家庭教師や塾講師は時給が高く効率が良い

アルバイトという感覚でやっておられる方も
少なくないです。

 

それではお子様に対し
責任感が生まれるわけがありません。
 

また、社会人と比べ、
どうしても経験や実績やスキルに
不十分さが生じてしまいます。


 

★業界のあり方自体が、そもそもおかしい

 

それは学生さんが悪いというのではなく、
子どもの教育という最高の投資に、
経費や人件費の節約のために、

まだ半人前の学生さんを充てるという
業界のあり方自体が、
そもそもおかしな事だと私は思っています。

先生に対するコストこそ
1番かけなければいけない部分だと思うのですが、
いかがでしょうか?
 

 

私自身アルバイト塾講師からこの業界に入り、

上記のような問題点を感じました。

 

だからこそ、プロとして責任を持った仕事がしたいと思い

独立したんです。

 

今日もブログをお読みいただきありがとうございました。