少しでも塾費用を安くする方法~塾にかかる費用の実態~

つくば市学園の森アットホームな少人数制個別指導塾

つくば学習塾ジュエルプライドの柏倉です。



★月謝が高い=質が高い?

成績を最大限上げたい。
今の学力以上の志望校にも合格したい。

しかも少しでも月謝を安く・・・

 

それを実現できる夢のような
塾・家庭教師業者はあるのでしょうか?


いきなり結論からお伝えしますが、
 

トップが働かなくてもいいくらいお金を持っていて、
ボランティア精神や趣味で運営をしていない限り、
そのような塾・家庭教師は存在しません。

 

大学生アルバイト講師がメインなのに、

月謝総額が高い詐欺的な塾・家庭教師業者が多いことを
ご存じの方もいると思います。

 

実際、教育業界で【月謝が高い=質が高い】が成り立つ

塾・家庭教師業者はかなり少ないです。

 

つまり、【高かろう悪かろう】が成り立ってしまっている

ということです(しかもかなりの割合で)。


★月謝が安い=質が低い
 

一方で、【月謝が安い=質が低い】

ということも成り立ってしまっています。

 

月謝総額が安い塾・家庭教師は

・先生が自己犠牲をしすぎている(肉体も精神もヘトヘト)

・プロではなく、アルバイトスタッフで運営している

 

など必ず安いなりの理由があります。
 

教育に対して真面目で誠実な先生ほど、

お金をいただくことに抵抗があるのも事実で、

自己犠牲をしてしまう傾向にあります。

それならまだ同情できますが、
忙しすぎて自己研鑽の時間もないくらいの状況だったり

先生が日々の生活を考えながらの経済状態だったり、

 

お金稼ぎ目的のアルバイトだった場合、

本当に質の高い教育と言えるのでしょうか?

 

特にアルバイトの先生などによく見られることですが、
残念なことに授業以外は、生徒の面倒を見ない先生や、
下手をすると授業の準備すら不十分な先生もいます。

 

 

★塾の春期・夏期・冬期講習の問題点と選び方

長期休みは生徒に勉強を頑張らせるために、
春・夏・冬の季節講習会があります。


しかしそこにはご家庭から見て、いくつかの問題点があります。
 
問題の一つは、講習会の料金が非常に高額であること。


あなたは7,8月の月謝がいきなり

通常月の2~4倍程度に月謝が跳ね上がったら、

どうお感じになるでしょうか?
 

料金を知らないご家庭にとっては、パニックになるでしょう。

受験生になると、夏の講習会では
20万円以上するところも多いようです。


中学受験個別指導で
100万円という話も聞いたことがあります。


もちろん、その分時間数も相当増えるので、
1時間あたりの金額としてはそこまで割高でもない
という塾側の論理もわからなくはないのですが・・・

 


★もう一つの問題点【半強制的な講習会参加】

塾の講習会でもう一つ問題なのは、
塾生が半強制的に講習会に参加させられること。


講習会には本科講座とか、必修講座といって
塾生全員が半強制的に受講させられる講座があります。


それらの講座の中では、普段の授業と同じように新しい内容を扱い、
授業が進んでいくことがあります。


ですから、講習会に参加しないと言った生徒やその保護者は、
「講習会に参加しないと、ついていけなくなりますよ」という
脅し文句を言われることもあるのです。

 

教えるべき新出事項は平常授業の中で教えきり、
講習会は復習だけにして、それを本当に必要としている生徒だけが、
必要な単元を選んで受講するのが、本来の形ではないのでしょうか。
 

そういう意味では講習会は

オプション授業であるべきだと思っています。


★個人のプロの先生よりも、大手のアルバイトの大学生のほうが月謝が高い

 

大手塾、大手家庭教師業者が値段で勝負できない理由の一つに、

現場で教える人よりも、それを管理する人たちに

莫大な人件費がかかっているということがあります。

 

一般に、上から指示を与える人たちは、

現場の人よりも、ずっと高給を取っています。

 

そのために、子どもと一番関わっている
現場の先生の給料を抑えるという
不自然な状態になっています。

個人塾のプロの先生や個人プロ家庭教師より
高額な月謝なのにも関わらず、


アルバイトで入ったばかりの大学生が
授業をしている学習塾や家庭教師業者は数多くあります。

つまり、規模が大きくなればなるほど、
先生たちの給料は抑えられ、

それを管理する人たちが多く必要になり、

 

さらに広告宣伝も大々的になり、

ご家庭はその人たちの高額な人件費や

広告宣伝費の分まで負担させられることになるのです。

 

★少しでも塾費用を安くする方法


一番お金がかかるのが、塾選びに失敗し、

塾をいくつも変えたり(その都度入会金や諸費用がかかります)、
先生が合わず、先生を何回も変えることにより、
子どもの勉強嫌い、苦手意識という病気が悪化することだからです。
 

病気で例えて申し訳ないですが、
軽いうちに直せば安くすむのに、

重くなってから病院にいったり、
転院をくり返すことにより、治療費は高くなりますよね。

 

これは塾業界で本当によくあることなのです。

 

少しでも教育費を安くしたいのであれば、

情報収集に時間をかけ、

たくさんの塾を見学いただくことをおすすめします。

 

お子様に合った先生、塾、家庭教師業者と
出会われますように。

 

今日もブログをお読みいただきありがとうございました。