今の時代大切なのは、スマホ・ゲームを使わせないのではなく、どう付き合うか

つくば市学園の森アットホームな少人数制個別指導塾
つくば学習塾ジュエルプライドの柏倉です。

 

 

 

【スマホ、ゲームは子どもを依存にさせる危険性がある】

 

と聞くと、

 

「じゃあ使わせなければいいの?」

「買い与えなければよかったの?」など、

 

「白か黒」かの極論で考える方もいらっしゃるかもしれませんが、

世の中全てが白か黒の2者択一ではありません。

むしろグレーであることがほとんどです。

 

大人は、子どもにはスマホやゲームにはけじめをつけて

高い意識で勉強を頑張ってもらいたい、と思いますが、

それができないのが子どもです。

 

高い意識で仕事を頑張る、

欲望を我慢し、けじめをつけた生活をする。

 

これは大人でも難しいことではありませんか?

それなのに、なぜか子どもには完璧を求めてしまう。

 

完璧を求めると、心配しすぎて、不安になりやすくなります。

もしくは厳しくしすぎてしまったり、怒りが爆発しやすくなります。


お気持ちは非常に分かるのですが、親の心が乱れてしまうと、
以下のような、かえって悪影響を及ぼしてしまう行動をとりがちになってしまいます。

(中学生のお子様を想定)

 

 

1.子どものスマホ(携帯)の中(メールやLINE等)を勝手にのぞく。

  さらにその内容に口を出す。

親に不信感を抱き、秘密を作るようになります。

 

あなたも、パートナーに自分のメールやLINEの

中身をのぞかれたくないですよね。

 

子どもにもプライバシーがあります。

 

 

2.スマホ、ゲームを隠す

スマホ、ゲームを見つけるまで

家中を探し続けます。

 

あるいはスマホ、ゲームができなくなった子は

ふてくされて反抗し、親の言うことを聞かなくなり、

何もやらなくなってしまうかもしれません。

 

3.スマホ、ゲームを壊す、勝手に売る

子どもは大暴れをし、「新しいのを買って」と言うようになります。

あるいは、ショックで意気消沈してしまいます。

 

最終的にふてくされて、反抗し、親の言うことを聞かなくなり、

何もやらなくなります。

 

※上記3つは必ずこうなるというわけではなく、

  こうなる可能性が高いという一例です。

 

 

ちなみに、スマホをチェックすること、できないようにすることなどが
事前にルール化されていれば、問題ないです。

 

ルール化されているご家庭も多いと思いますが、

守れなかったときのペナルティーを徹底できているでしょうか?

 

徹底できるかどうかが、依存にさせない重要なポイントです。


 

★SNSとの上手な付き合い方はこれからの時代必須なスキル
 

LINEなどのSNSは、けじめなく使うと

人生を狂わせるほどの危険性や依存性のあるものですが、

上手に使えば大変便利なものです。

 

幅広く普及しているものですから、

SNSとの上手な付き合い方のスキルを高めておくことは

これからの時代の就職のことを考えても、必要だと思います。

 

SNSを使っての社内での情報共有は、

現在では普通に行われていることです。

 

ジュエルプライドでも

保護者へのグループLINEでの情報伝達、

スタッフとのスケジュールの情報共有などは、SNSを使っています。

 

このような時代の流れですので、子どものうちからルールを決め、

そのルールの中でSNSを上手に使う練習をしておくことは

とても大切なことだと思います。
 

子ども時代にルールなしで使わせたり、

逆に禁止しすぎたりすると、

 

大人になってからトラブルに巻き込まれた際に、

取り返しのつかないことにもなりかねません。

 

入塾後、まずご家庭と取り組んでいただくことは

スマホ・ゲームのルールを決めることです。

 

 


★今の時代大事なのは、スマホ・ゲームを使わせないのではなく、どう付き合うか

 

授業でスマホやタブレットを使って、

子どもたちが生き生きと学んでいる学校もあります。

 

私もスマホを便利に使用しているので、無くなると仕事に影響が出てしまうほどです。

そういう意味では依存なのかもしれません。

 

仕事の息抜きにゲームをすることもあります。

 

子どもには子どもの世界があります。

 

もしお悩みの方がいらっしゃいましたら、
ぜひお子様の意思も尊重しながら、スマホ、ゲームとの付き合い方を

ご家庭で真剣に話し合っていただきたいなと思います。

 

 

今日もブログをお読みいただきありがとうございました。