ジュエルプライドが柏倉1人で全生徒を担当している理由

 

こんにちは、柏倉です。

 

 

★ジュエルプライドが柏倉1人で全生徒を担当している理由

 

当塾では、

代表柏倉が1人で全生徒、全科目を教えています。

 

事務的な仕事はスタッフがサポートしてくれていますが、

学習指導も、生活指導も、進路指導も

保護者面談も全て柏倉が担当します。

 

 

一般の個別指導塾のように先生(大学生の先生)がコロコロ交代しませんので、

安心して通塾できます。

 

1人で担当しているので、体調管理にはすごく気を付けています。

 

私は体調不良が理由で仕事を休んだことは独立後、

7年間で1日もありません。

 

 

★朝から夜まで塾を開けて、先生は大丈夫なんですか?

 

この質問をされることがあります。

 

もともとショートスリーパーで体質で

短時間睡眠で十分体力は回復するので大丈夫です。

 

塾が始まる前には軽く運動をしたり、仮眠をとり、

体調を万全にしていますので、ご安心ください。

 

土日祝のように朝から夜まで塾がある日も

途中に休憩を取らせていただいているので、

問題ありません。

 

今後システム変更があったとしても、

基本は柏倉の個別指導スタンスは変わりませんので、

ご安心ください。

 

 

★塾や家庭教師のブランドや実績よりも大事だと考えていること

 

教育でいちばん大切なことといえば、先生の資質だと思います。 

 

教材やシステムが不十分でも、家庭連絡が少なくても、

教える先生の技術と人間性が抜群によく、子どもとの相性がぴったりであれば、

成果と満足が得られると思います。

 

逆に、いくら教材やシステム等がしっかりしていても、

料金が高額でも、

教える人にその資質が不足していると、 

 

塾や家庭教師としての役割を全く果たさない

ということにもなります。

 

私は独立したときに、塾や家庭教師のブランドや実績よりも、

 

「この先生に子どもを任せたい!」

 

と自分の資質で選ばれるようになろうと決めました。

 

当塾が動画、画像、文章などで情報発信をたくさんしているのは、

安心してお子様を預けていただけるよう、

 

柏倉と初めて会う前から、少しでも人柄や考え方、

指導方針が見えるようにしているためです。

 

 

 

★生徒の気持ちを忘れないように、自分に先生をつけ、生徒の立場になる

 

健康のために、運動は

やらなければならないことですよね。

 

しかし、人間は意志が弱い生き物で、

1度自力で始めても3日坊主で終わるなど、

なかなか習慣化しないものです。

 

そこで柏倉は2017年は、

パーソナルトレーナーについてもらって、

トレーニングジムで運動していました。

 

なぜパーソナルトレーナーをつけていたのかというと、

以下の理由からです。

 

・自分1人では運動が習慣化しない

・自分1人では筋トレの回数も少なくなりがち

・自分1人ではどうしても楽な運動を優先してしまう

・正しい体の使い方で、効果的な運動を短時間でやりたい

 

自分が個別指導を受け、生徒の立場になると、

自分の心の弱さがよくわかります。

 

個人指導をしてくれるからこそ、

こちらの体調や筋力に合わせて負荷を調整してくれますし、

筋トレの回数や運動の時間も自分の限界を超えさせてくれます。

 

 

★プライベートジム、パーソナルトレーナー制度を塾の参考に

 

それにジムには運動をするためだけに行くので、

運動だけに集中できるのです。

 

週1~2回ではありますが、

せっかくジムに通っているという気持ちから、

毎日の食事や睡眠や運動に気を使いますし、

 

怠惰な生活をしてトレーニングを無駄にしてしまうのは

トレーナーに申し訳ない、という気持ちも生まれます。

 

何より自分の弱さに負けたくないという気持ちになり、

日々の生活も気が引き締まります。

 

当塾もプライベートジム同様、

 

・勉強の習慣化

・質の高い勉強

・やる気の上がる環境

 

などを意識したシステムだからこそ

成績が上がりやすいのです。

 

 

★生徒を自分で勉強できる人間に育てるために、自分が自立している見本を見せる

 

そしてパーソナルトレーナーを卒業してからは、

自分で運動するようになりました。

 

1年間で運動習慣をつけていただいたので、

今では運動習慣の大切さを自覚し、

週2回の筋トレと週5、6の有酸素運動をやるようになりました。

 

運動だけではなく、スキルアップのための勉強も

毎日1時間以上は続けています。

 

子どもを自立させたければ

まずは自分が自立している見本を見せること。

 

これは子どもの教育において

非常に大事なことだと思っています。

 

今後も様々な面で自己研鑽を続け、

ご家庭に成果と信頼と満足が与えられる存在になれるよう

努力してまいります。

 

 

今日もブログをお読みいただきありがとうございました。