· 

大手塾の先生とは根本的な考え方が違うのかなと思いました

つくば市学園の森アットホームな少人数制個別指導塾
つくば学習塾ジュエルプライドの柏倉です。

 

生徒からの声をご紹介します。

 


 

 

【卒業生より】
 

 

私は中学一年の後半にこの塾に入りました。 

 

最初は数学や英語が嫌いという捉え方で始まりました。 

 

 

 

ですが今は嫌いではなく苦手でもなく
得意ではないという所まで来ました。 

 

 

 

どのような努力があったのか 
自分ではそこまでしていないつもりなのですが
客観的に見てみると結構やっていたように思います。 

 

 

 

何をやったのか、

・先生からもらったプリント
・学校のワーク 

それだけなんです。  

 

 

 

大抵の塾だったら宿題やりなさいっていう感じが
少し出てるかなと思います。 

 

 

 

だから前の塾では別にやってもやらなくても同じかなと思って
私はあまりやりませんでした。 

 

 

 

柏倉先生にはやりなさいと言われた覚えは少なく、
自分でやらなくちゃいけないと感じました。

直接教えられることもしましたが、
前に通っていた塾とは違う雰囲気でした。 

 

 

 

先生の考えることが目に見えるように感じられたのです。 

 

前の塾と比較して見たからかもしれません。 

 

 

 

根本的な考え方が違うのかなと思いました。

大手塾の先生は、
宿題をいっぱい出したりやけに厳しかったり、
考えるだけで嫌気がさします。 

 

 

 

先生は一人一人の考え方を理解し、
その人に合った時間帯・宿題など考えてくれました。 

 

 

 

一回だけ とても行きたくなくなって無断欠席をしたことがあります。 

 

 

 

先生の電話にも出ず自分の部屋にこもっていました。
一週間ぐらいしたあと先生の家に行って謝りました。 

 

 

 

でも先生は怒らず、『まあ人間そういうこともあるさ』
って言ってくれたような気がします。

 

 

 

先生はあまり怒らず優しく接してくれてとてもよかったです。  

 

 

 

かといって、甘やかしているばかりではありません。
宿題をやらなかったらまず理由、懺悔
そのあとに先生にバッサリ斬られます(笑)

 

 

 

勉強の話に戻しますが、
流石にやらないといけないなと思ったのは、
先輩方が一年からやっておいたらよかったと言っていた後です。 

 

 

 

私自身マイペースな性格で定期試験三日前、二日前でも
『あー、テストかー』ぐらいで全然気にしない性格でしたので 

 

 

 

先輩の話も『ふーん そうなんだー』ぐらいで終わってしまい、
あまり記憶に残っていません。  

 

 

 

ですが全部は覚えてはいないものの「単語、キーワード」

 

がたまに少しだけ頭に残っていました。 

 

 

 

そのキーワードの1つが「一年からやっておいたらよかった」

 

という言葉です。 

 

 

 

最初は一年だったのでよくわからくて「はあ・・・」
みたいな感じでした。 

 

 

 

でも、二年・三年となっていくうちに
少しずつ高校入試なのかと思い始めました。 

 

 

 

高校入試も最初は全然実感がなくて
三年の夏休みから本格的に考え始めた感じで
少し遅かったのかなと少しだけ悔やんでいます。 

 

 

 

高校をどうしようか迷ってる時にも
先生は迷ってる私に対してキッパリと 

『これは無理に等しいからこっちがいいんじゃない』 

 

と言ってくれました。

少し迷い続けてけて 結局先生の言う通りになりました。
もう少し早く決断していれば受かったかもしれないのにと… 

 

 

 

こんなことを書いていても楽しくはないと思うので 
最後にまとめとして 、

 

 

 

先生は
「怒らず、優しく、時には厳しく、効率の悪いことはやらず、
礼儀を大切にし、みんなのモチベーションを上げ、
安心させ、同じ目線に立って、自分で考えさせるように促し、
計画性があり(←個人的な感想)とってもいい先生です。 

 

 

 

これからもお世話になる予定です。 

 

 

今日もブログをお読みいただき、ありがとうございました。