宿題をごまかすようになった生徒に心を開かせた指導

つくば市学園の森アットホームな少人数制個別指導塾
つくば学習塾ジュエルプライドの柏倉です。

 

 

 

 

 

 

★怒られる恐怖で、宿題をごまかすようになった子が自分からやるように
 

 

以前の塾で怒られ続け、勉強が嫌いになり、
宿題をごまかすようになった

 

小学4年生への柏倉の対応をご紹介します。

リアルの現場の指導をお伝えするために、

 

子どもに伝えた内容をそのまま載せます。

・・・・・・・・・・
 

 

以前の塾で宿題が終わらなくて

 

何度も怒られた経験があると聞きました。
 

 

以前の塾の先生は、

 

〇〇君に勉強を得意になってもらいたくて

 

たくさんの量の宿題を出したんだと思うけど、

 

 

 

睡眠時間が減ったり、

 

学校の宿題がいい加減になってしまうような

 

宿題の量はおかしいです。

 

 

 

上手に終わらせるための方法も教えずに、
できなかった理由も聞かずに、

 

 

 

やらなかったことだけを怒る先生だと

 

聞いて先生(柏倉)は悲しくなりました。

 

それはやりきれない宿題を出した塾が悪いです。

 


最大限終わらせる努力をして

 

終わらなかったのであれば、

 

○○君は一切悪くありません。

苦手なことは誰にでもあるよね。

 

 

 

先生も苦手なことがあるよ。

 

 

 

先生は教えることは得意だけど、

 

事務仕事やデザインの仕事が苦手です。

 

 

 

だからそれらはプロの人に

 

正直にお話しして、手伝ってもらっています。

 

 

 

プロの人はそういう仕事が得意で

 

すすんでお手伝いをしてくれるから

 

 

 

先生はすごく助かっているし、

 

そのおかげで楽しく仕事ができて感謝しています。

 

 

 

だからお手伝いをしてほしいときは

 

それが得意な人に、正直に言うことが

 

相手にとっても、自分にとってもいいことなんです。
 

 

先生もみんなが苦手な勉強のお手伝いをするのが、
得意で好きなことです。

なので、今度から提出物の課題や

 

学校や塾の宿題が自分1人でできないときは、

 

 

 

ごまかしたり、隠したりせずに

 

先生に正直に言ってください。

 

 

 

やらなかったことを正直に言っても、
一切怒りません。
 

 

やったんだけど、できなかったとしても

 

怒らないから安心してね。

 

 

 

そのかわりできなかった理由を

 

正直に話すようにしてください。

先生がどうすれば宿題ができるかを一緒に考えたり、

 

宿題を終わらせるお手伝いをします。

 

 

 

ごまかしたり、隠されたりすると

 

お母さんも先生も悲しいし、

 

 

 

自分もできなくて損をするだけで

 

いいことは何もありません。

 

 

 

だからこれからはごまかしたり、

 

隠そうと思うことがあっても、何でも言って大丈夫です。

 

 

 

・・・・・・・・・・

以上の内容を口頭、手紙、メールなど
様々な方法で何度も伝えました。
 

 

時間はかかりましたが、
この生徒は自分から相談をしてくれたり、
報告をしてくれるようになりました。

 

 

 

 
今日もブログをお読みいただきありがとうございました。